大杉漣さんの死因にまつわるウワサを息子が否定 ネットで「本当にそれ」「信じられない」

2018年2月21日にこの世を去った、俳優の大杉漣さん。当時、『300の顔を持つ男』という異名で知られる名バイプレイヤーとの突然の別れは、日本中に衝撃を与えました。
所属事務所は、大杉漣さんの死因について急性心不全であることを公表しています。
2020年10月15日、大杉漣さんの息子であり、写真家の大杉隼平(@shumpeiohsugi)さんがTwitterを更新。
ネット上で大杉漣さんの死因に関して「他殺ではないか」という憶測がささやかれていることについて、きっぱりと否定しました。
ネットの世界の話しからなのですが真相はと聞いてくる方がいるので書きます。父、大杉漣の死は他殺ではありません。またyahoo知恵袋で死亡日が当たったとあるようですが、人の死を予想するなんて絶対にあってはいけません。それを聞かれて家族はどう感じるかを考えてみて下さい。1人の命は重いものです
大杉隼平さんは、父親の死亡日を予測するコメントがネット上に書き込まれていたことから、死因を疑う声が上がっている件について「人の死を予測するなんてあってはいけない。1人の命は重いもの」と苦言を呈しました。
さらに、ネット上に存在するそういった風潮について、憶測で語ることの危険性をつづります。
これがいつかまた起きると考えると言わずにはいれません。それがまた誰かを叩くことに繋がることもしないで欲しいと思います。父、大杉漣は生きたくても生きれませんでした。まだまだやりたいこともあったと思います。どうか死を予想したり、憶測で決めつけるのはやめて下さい。
投稿に対し、ネット上では共感の声が多数寄せられました。
・本当にその通り。人の死を憶測で語るなんてあってはならないことだと思います。
・信じられないですね。残されたご家族の気持ちを考えると、悲しくてやりきれません。
・つらい…。そういった憶測で傷付く人が減ってほしいと願わずにはいられないです。
当然ですが、人の生死にまつわる過度な憶測は控えるべきです。残された遺族はもちろん、亡くなった本人の尊厳をも深く傷付ける行為といえるでしょう。
必要最低限のマナーを守った上で、SNSやインターネットは使いたいですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする