アパート放火疑いで男を現行犯逮捕 住人の男性死亡

居住するアパートに火を放ったとして、警視庁王子署は15日、現住建造物等放火の疑いで、東京都北区豊島の自称無職、金田一淳悦容疑者(59)を現行犯逮捕した。同容疑者は焼身自殺を図ったといい、火災に巻き込まれたアパート住人の男性1人が死亡した。
逮捕容疑は15日午後9時ごろ、北区豊島の自宅アパートに灯油をまき、ライターで火を付けた疑い。
同署によると、金田一容疑者は「自殺したくて火を付けた」などと容疑を認めているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする