ファミマの「コーヒー」がリニューアル! 新CMメインキャラの稲垣吾郎さんも太鼓判

ファミリーマートは「FAMIMA CAF」の主力商品「ブレンドコーヒー」(税込100円)をリニューアル。10月20日より世界一のバリスタと共同開発した「甘味焙煎」コーヒーとして、全国のファミリーマートで販売を開始する。

これに伴い、10月15日には「ブレンドコーヒーリニューアル新CM発表会」が開催され、新CMでメインキャラクターに起用された稲垣吾郎さんが登壇した。

「甘味焙煎」で引きだした豆本来の甘さ
新ブレンドコーヒーの監修を行ったのは、WORLD BREWERS CUP 2016でアジア初の世界チャンピオンに輝いたバリスタの粕谷哲さん。今回のブレンドコーヒーの美味しさのポイントである”甘さ”について解説した。

「もともとコーヒー豆は『コーヒーチェリー』と呼ばれる果実の種子のため、果物由来の甘味が含まれており、今回のリニューアルに際してはその甘みを前面に引き出す『甘味焙煎』を採用。豆本来の甘さを際立たせるために温度や時間、化学反応を徹底的に管理しながら焙煎した豆をブレンドし、ブラックコーヒーの甘さを追求した結果、冷めても美味しく飲める『ブレンドコーヒー』が完成した」

ゲストの稲垣さんは、新CMで着用していたコーヒーカラーに合わせた鮮やかな茶色のジャケット姿で登場。初のファミリーマートのCM出演について「香取慎吾くん……って言ってはいけないのかな。”慎吾ママ”はファミリーマートさんにお世話になっているんですが」と語る。

ブラックコーヒーなのに甘いなんて言ってしまったら、笑われてしまうのではないか……!? と葛藤する姿を描いた新CMについて、「少しコミカルなところと少しシリアスなところがうまく融合していて、おもしろかったですね。僕の脳内がグルグルまわっている模様が楽しめると思いますし、実際の僕もああいう感じなので。よく僕のキャラクターをわかってくれているなと。撮影もほとんど素でやらせてもらいました」とコメントした。

撮影現場では新旧のブレンドコーヒーの飲み比べもしたそうで、「本当に美味しかったです。こんなに変わるんだなと思って。進化し続けるというのは素晴らしいと思うし、僕も見習いたいなと思いました。酸味と甘さのバランスも、余韻が続く感じも素晴らしいんですよね」と、新ブレンドコーヒーの味わいに太鼓判を押す。
新旧ブレンドコーヒーを飲み比べ
今回の発表会では味わいだけで新ブレンドコーヒーを当てるブラインドテイスティング企画も行われ、稲垣さんは新旧のファミリーマートのブレンドコーヒーを飲み比べてクイズに挑戦。

「これ、間違えたらダメなやつですね。CMキャラクターとして間違えたらマズいですね(笑)。でも難しいですよ。リニューアル前もとてもおいしいので……」と少々不安げな様子。実際にAとBのカップのコーヒーを試飲した後も「いやー、ちょっと今日、外で雨降っていますからね。……(味には)関係ないですね(笑)」と、逡巡していた。

「でも、余韻は確かに違いますね。余韻が続く感じで、どちらがどちらか僕の中でははっきりとわかりました。口に含んだ感じはどちらもおいしいんですけど、Bは余韻がまだ残っている」とのことで、Bのカップを新ブレンドコーヒーと予想。見事正解してみせた。

「本当にいま、心の中はコマーシャルみたいにグルグルしていましたけど、ホッとしました。ありがとうございます。両方ともおいしいんですけど、やはり比べてみると全然違うものになっていますね。飲んだ後の甘さが長く続く感じが、とても心地いいです」とコメントし、新しくなったブレンドコーヒーの味わいにちなんで、「僕もファミリーマートさんのコーヒーのようにエレガントで、繊細で、その場を去った後も甘い余韻が残るような男を目指して、これからも頑張っていきたいと思います」と、笑顔で抱負を語っていた。

伊藤綾 いとうりょう この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする