蓮舫氏、学術会議巡るフェイク情報横行に怒り「そこまでして、何を守ろうというのか」

立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が16日、自身のツイッターを更新。日本学術会議の任命拒否問題を巡り、同会議に関する偽情報が多く流されている現状を嘆いた。
この日、フジテレビ上席解説委員の平井文夫氏(61)が同局系番組で「学術会議で6年働けば、学士院で死ぬまで年金250万円」という誤ったコメントをするなど、政治家、識者など同会議について間違った情報を流すケースが多発しているという記事を貼り付けた蓮舫氏。
「立場的に影響力、発信の拡散力ある方がフェイクを流すのは現に慎むべきです」と厳しくつづると、「そこまでして、何を守ろうというのか」と疑問を呈していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする