巡査部長が知人に覚せい剤渡してやらせ摘発 書類送検し、免職処分に

知人に微量の覚せい剤を渡して職務質問で摘発したように装ったなどとして、愛知県警は16日、覚せい剤取締法違反(所持、譲渡)と虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、岡崎署地域課の男性巡査部長(36)を名古屋地検に書類送検し、免職処分とした。巡査部長は「通常の職務質問で検挙した」などと否認しているという。
送検容疑は2月5日、知人の30代男に用意させた覚せい剤の付着した袋を、職務質問で発見して検挙したよう装い、虚偽の捜査報告書を作成した疑い。同23日には、知人の40代男に覚せい剤を手渡した後、職務質問での検挙を装い、虚偽の報告書を作成した疑い。
県警によると、所持していた覚せい剤はごく微量で、知人2人は逮捕されていなかった。いずれも「巡査部長の依頼だった」と話しており、携帯電話には依頼の形跡があった。巡査部長は勤務を通じて2人と知り合ったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする