神戸市立病院、iPS視細胞移植を実施=世界初、網膜の難病患者に

神戸市立アイセンター病院は16日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜シートを作製し、目の難病「網膜色素変性」の患者に移植する世界初の手術を10月上旬に実施したと発表した。光を感じる視細胞の機能回復と、患者自身の視神経へつながる回路の再建を目指す。今年度中に2例目の手術をしたい考えという。
網膜色素変性は、視細胞が徐々になくなり、視野が狭くなったり視力が低くなったりする病気で、国内の患者は推定で約4万人。根本的な治療法は確立されていない。
手術は、症状が「明暗が分かる程度」まで進行した関西在住の60代の女性患者に対して行った。京都大iPS細胞研究所から提供されたiPS細胞を使って、視細胞のもとになる細胞を作製し、直径1ミリのシート状に加工。3枚を右目の網膜の下に移植した。容体は安定しているという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする