北海道の手稲山で初冠雪

けさ(15日)、札幌管区気象台で、手稲山の初冠雪が観測されました。平年より1日早く、昨年より22日早い初冠雪です。
けさ(15日)、札幌管区気象台で、手稲山の初冠雪が観測されました。平年より1日早く、昨年より22日早い初冠雪です。昨夜から北海道の上空には、この時期としては強い寒気が流れ込み、標高の高い所では雪になりました。札幌市郊外の手稲山周辺では寒気に伴う筋状の雲がかかり、気温が低かったため雨ではなく雪になったとみられます。北海道の日本海側では昼頃にかけて、午前中を中心に雨が降り、雷を伴う所もありそうです。標高の高い峠道など、一部ではうっすら雪が積もっている所もあるため、車の運転はいつも以上に慎重にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする