30代男性、月収32万円で「後輩より手取りが低くて不満しかない。会社都合の転勤なのに家賃補助は年々減少」

世間の30代ビジネスパーソンは、自身の収入にどのくらい満足しているのだろうか。30代男性キャリコネニュース読者からは、
「正直、生活できない。毎朝7時頃に出勤した後、車で各現場に向かう。夕方に職場へと戻り21時まで残業。残業手当はなく、給料明細も渡されない」(神奈川県/サービス系/月収24万円)「人並みの給料と生活を送れているので満足しています」(静岡県/サービス系/月収36万円)
「正直、生活できない。毎朝7時頃に出勤した後、車で各現場に向かう。夕方に職場へと戻り21時まで残業。残業手当はなく、給料明細も渡されない」(神奈川県/サービス系/月収24万円)「人並みの給料と生活を送れているので満足しています」(静岡県/サービス系/月収36万円)
という声が寄せられている。30代男性にとっては、月収30万円台が月収満足度の分岐点のようだ。ほかにも、正社員として働く30代男性の投稿を見ていこう。(文:鹿賀大資)
■「洗車代の支給もないのに、上司からは『車が汚い』と怒られる」
流通・小売系勤務の山形県の男性は月収32万円。「後輩より手取りが低い」といい、「今の月収には不満しかありません」と綴る。3年前に不当な人事を受けて以来3万円減給され、いまだ昇給はないという。
「会社都合で転勤させられているのに、家賃補助が年々減少している。社用車の駐車場代も満額で支給されていない。洗車代の支給もないのに、上司からは『車が汚い』と怒られる」
「会社都合で転勤させられているのに、家賃補助が年々減少している。社用車の駐車場代も満額で支給されていない。洗車代の支給もないのに、上司からは『車が汚い』と怒られる」
最近ではコロナ渦の影響で「働き方改革」という名の残業削減を命じられた。男性は「残業代のない分給料が激減した」と嘆く。
■月収41万円「残業もほとんどなく、年齢の割に年収が高いので満足」
ほとんど残業のない会社で働く埼玉県の30代男性は、自身の月収満足度について、

「仕事自体は面白い。昇進も順調なので納得はしている。ただし生活に余裕はない」(サービス系/月収36万円)
「仕事自体は面白い。昇進も順調なので納得はしている。ただし生活に余裕はない」(サービス系/月収36万円)
と答える。
また、福井県の30代男性は、勤め先の待遇や月収について満足していると綴る。
「休日は土日祝で暦通り。残業は月に20~40時間くらいですが、有休は取得しやすい。サービス残業も一切ありません」(不動産・建設系/月収40万円)
「休日は土日祝で暦通り。残業は月に20~40時間くらいですが、有休は取得しやすい。サービス残業も一切ありません」(不動産・建設系/月収40万円)
メーカー系勤務の北海道の男性は月収41万円。「残業もほとんどなく、年齢の割に年収が高いので会社員としては満足しています。ただ、ボーナス比率がかなり大きい会社のため、月々のやりくりは少し苦労しています」と漏らす。生活安定を見据え、資産運用をしているそうだ。
ほかには、
「概ね満足。贅沢を控えれば、便利な土地で十分に暮らせる」(東京都/IT・通信系/月収60万円)「大変満足しています。休みが週3日で、勤務時間が3~4時間だけの日も珍しくありません。休みの日は子どもと過ごしたり、ゴルフや釣りをしたりと充実しています」(東京都/金融・保険系/月収120万円)
「概ね満足。贅沢を控えれば、便利な土地で十分に暮らせる」(東京都/IT・通信系/月収60万円)「大変満足しています。休みが週3日で、勤務時間が3~4時間だけの日も珍しくありません。休みの日は子どもと過ごしたり、ゴルフや釣りをしたりと充実しています」(東京都/金融・保険系/月収120万円)
という声も寄せられていた。
※キャリコネニュースでは引き続き【読者投稿】世帯年収400~600万円台のリアルや世帯年収300万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする