「news23」星浩氏、森友学園問題で「佐川氏の判断」との音声記録公開で「菅さんは再調査必要ないと言っているが、むしろ、ますます再調査が必要」

14日放送のTBS系「news23」(月~木曜・後11時、金曜・後11時半)で、「森友学園」を巡る公文書改ざん問題で自殺した近畿財務局元職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さんが国などに1億1000万円あまりの賠償を求めている裁判で、元職員が残した改ざんの経緯が記されたファイルの開示を求めるため、妻はファイルの存在を示す元上司の音声データを証拠として提出したことを報じた。
これまでの裁判で雅子さんは、俊夫さんが残したとされる改ざんの経緯をまとめたファイルの開示を求めているが、国側は回答を拒否。雅子さんは14日の裁判で、当時の上司が弔問に訪れた際、ファイルがあると話す音声記録を証拠として提出し、改めてファイルの開示を求める方針を示している。
スタジオでアンカーの星浩氏は、文書改ざんで財務省が2年前に調査報告書をまとめたことを振り返った上で「その後、赤木さんの手記が出てきて、今回、録音で佐川さんの判断という明言があり、それからファイルもありそうだということなので報告書を巡る環境がかなり変わっている」と指摘した。
その上で「菅さんは再調査必要ないと言ってますが、むしろますます再調査が必要になってきた」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする