菅総理に300票差でも…ナベツネほか日本の頭脳が岸田氏を担ぎ上げるまさかのワケ

自民党の宏池会(岸田派)の名誉会長を務めていた古賀誠が退任した。今月5日、都内で同派の政治資金パーティーが盛大に行われたが、古賀の姿は無かった。
11日付配信の時事通信ニュースによると、岸田文雄はこれに先立つ先月9月24日、古賀に「距離を取りたい」と伝え、古賀もその場で名誉会長を退任する考えを示したという。
岸田が辛うじて2位に着け将来への芽を残したとはいえ、勝利した菅に300票近くの差をつけられ惨敗した先月の総裁選の結果は、同じ福岡出身ながら、古賀と犬猿の仲の麻生太郎副総理兼財務大臣率いる志公会(麻生派)からの支持を、最後まで得られなかったことも一因にある。岸田は麻生に支持を依頼したが、条件として突きつけられたのは古賀との絶縁だったというわけだ。
その岸田は今、同じ宏池会(岸田派)の流れをくむ麻生派、谷垣禎一元自民党総裁の旧谷垣グループと合流する「大宏池会」構想の実現に向け画策している。その条件を整えるための古賀との決別だったが、麻生派には菅首相自らが将来の宰相候補として育てようとする河野太郎行政改革担当相が控える。
たとえ、合流が実現しても岸田支持でまとめるのは難しい。しかも、麻生派は先の総裁選で派閥を挙げて、菅首相を支持した経緯があるだけに、それがたとえ将来であるにせよ、岸田支持に衣替えするのは余程の大義名分がいる。
同総裁選で自主投票とした旧谷垣グループにしても、菅首相を支援した議員もいるので一枚岩でまとまり、すぐに岸田支持とはいかない。加えて、岸田が頭を抱えるのが、古賀が物心両面で面倒を見てきた同派の九州勢の動向だ。岸田が無理に「大宏池会」構想を進めれば、古賀恩顧の九州勢の何人かが宏池会そのものから脱退する可能性も出てくる。

高い支持率に菅首相が来年9月の自民党総裁選で、無投票で再選される可能性すら囁かれる中、岸田は天下取りに必要な3条件のうち、天の時、地の利、人の和のうち、少なくとも、天の時、地の利をすでに現時点で欠いてしまっている。
永田町では四面楚歌気味の岸田だが、母校、開成高校のOBからは未だ、岸田首相待望論が止まない。その中核となるのが開成高出身の国会議員や霞が関の官僚ら約600人が所属する「永霞会(永田町・霞が関開成会)」だ。岸田が2017年9月の同会設立時から会長を続けているため、発足当時から「ポスト安倍レース」に備えた岸田の応援団と見られていた。
麻布、武蔵と共に、男子校の御三家の一角を成し、東大合格者数では30年以上にわたりトップを走り続ける開成高校だが、意外なことにまだ首相を一人も輩出していない。麻布高は橋本龍太郎、福田康夫の両首相、そして、武蔵は旧制高ながら宮沢喜一を輩出しているのに開成高卒の首相は誕生できずにいる。とはいえ、各界で活躍する開成高校OBは多士済々で煌びやかだ。
元大蔵・財務次官で現在、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の事務総長を務める武藤敏郎を含め、開成は五人の財務次官を戦後輩出している。他省庁ながら、経済産業事務次官を務めた嶋田隆も開成OBだ。官邸を見れば、政権交代後も国家安全保障局長のポストに北村滋氏が留まる。北村はその前の内閣情報官時代、安倍前首相側近としてメディアを使って様々な情報戦を仕掛けた。

前川喜平元文科次官(ライバル校麻布高校出身)の「出会い系バー通い」を読売新聞にリークしたのも北村周辺と言われる。その読売だが、主筆として、現在もグループのトップに君臨するナベツネこと渡邉恒雄が開成高OBだ。
永霞会のメンバーで現役キャリア官僚の一人は「悔しいが未だ開成高校から首相は出ていない。開成の初代校長が高橋是清なので、これをカウントすれば、開成関係者から首相が出ていると言えない訳ではないが、やはり言い訳じみていて苦しい。だから、我々OB一同は何としてもいつの日か、岸田氏を総理にしたいと思っている。いや、必ずしてみせる」と息巻く。
「永霞会」の事務局長で現在、菅内閣で万博担当・内閣府特命担当大臣を務める井上信治(麻生派)の活動報告ブログによると、メンバーは岸田を筆頭に国会議員が8人で官僚は600人以上いるという。今年2月19日には設立総会以来となる第二回総会が開かれたが約250人が集まり結束の強さを見せた。
現状では岸田が思い浮かべる「大宏池会」構想の実現も難しいし、来年の総裁選で岸田が出馬できる環境が整うのかどうかも不透明だ。しかし、霞が関の中枢で数々の要職を占める開成高OB勢と、今も日本のマスコミ業界に強い影響力を持つナベツネがタッグを組めば、そんな不可能と思われるシナリオも実現可能とならないだろうか。
開成の初代校長の高橋是清はその風貌からダルマと呼ばれ、国民から愛された。その言葉の由来となる達磨(ダルマ)大師がどんな困難にも動揺せずどっしりと構え、たとえ転んでもすぐに起き上がることから「七転び八起き」という言葉が生まれた。最後は二・二六事件で青年将校らの凶弾に倒されるが、大蔵大臣、首相の要職を務めた是清は何度転んでも立ち上がり続ける不屈の根性の持ち主だった。岸田が是清同様、ダルマの精神を持ち続ける限り、開成OBたちが万歳三唱を叫ぶ場面は必ず来よう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする