橋下徹氏、文科省が故中曽根康弘氏の合同葬で国立大に弔意表明求める通知に「政治家を個人崇拝するように見える前例こそ菅政権には破ってもらいたい」

元大阪府知事の橋下徹氏が14日、自身のツイッターを更新した。
橋下氏は、「文科省、国立大に弔意表明求める故中曽根康弘氏の合同葬」とのネット記事をアップした。
記事は「17日に実施される内閣と自民党による故中曽根康弘元首相の合同葬に合わせ、文部科学省が全国の国立大などに、弔旗の掲揚や黙とうをして弔意を表明するよう求める通知を出した」と伝えている。
今回の通知に橋下氏は「令和の時代、政治家を個人崇拝するように見える前例こそ菅政権には破ってもらいたい」とつづっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする