蓮舫氏、文科省の中曽根元首相の合同葬で国立大へ弔意を求める通知に「功績は尊敬に値しますが、菅政権は内心の自由に踏み込むのか」

立憲民主党の蓮舫参院議員が15日、自身のツイッターを更新した。
蓮舫氏は、文科省が中曽根康弘元首相の合同葬で国立大に弔意表明求める通知を出したことを伝えるネット記事をアップした。
その上で今回の通知を「元総理の功績は尊敬に値します。が、菅政権は内心の自由に踏み込むのか」とツイートした。
続けて「自民党と政府の合同葬に明治天皇ご葬儀の弔旗の揚げ方を図で示す「閣令」、黙とう時刻が午後2時10分、「この趣旨に沿ってよろしくお取り計らいください」と加藤官房長官名で国立大学、教育委員会に通知」と通知の内容をつづっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする