イモトアヤコ、親友の竹内結子へメッセージ 涙ながらに「たくさんの愛をもらった」

2020年9月27日、俳優の竹内結子さんが逝去しました。
突然の訃報に、多くの人が悲しみの声を上げています。
同年10月14日、お笑いタレントのイモトアヤコさんが、ラジオ番組『イモトアヤコのすっぴんしゃん』(TBSラジオ)で、逝去した竹内さんについて想いを吐露しました。
竹内さんは生前、自身のInstagramにイモトさんとの写真を頻繁に投稿。2人の仲のよさは多くの人に知られていました。
竹内結子がインスタを開設ただ1人フォローされている人物とは
そのため、竹内さんの逝去後、イモトさんを心配する声が多く上がっていたのです。
心配する声に対し、イモトさんは涙ながらに竹内さんへの想いを打ち明けました。
この『イモトアヤコのすっぴんしゃん』の方にも、リスナーのみなさんからたくさん本当に心配してくださってる声があると聞いております。
本当にありがとうございます。
まぁ、個人的にもいろんな連絡だったりとか、本当に全部、心配してくださっているみな様、本当にありがとうございます。
正直…まだあの、何も整理できていないというのが、正直な今の気持ちです。
ただ、目の前の生活だったりとか、目の前のお仕事はあるわけで。
そういうものは前に進んでいて。
だけど、自分の中では、感覚的には踏ん張っているという感覚。
なんていうんだろう。今は、踏ん張ることしかできないですけど…踏ん張ってます。
私が感じた本当っていうのは、本当にすごく、結子さんはすごく私のことを愛してくれてました。
いっぱいいっぱい、愛をくれたのは、本当のことです。
私自身、何か嬉しいことがあったりとか、何かつらいことがあったりとか、悲しいことがあった時は、誰よりも先に、一番に結子さんに伝えてました。
そういうときは、誰よりも喜んでくれるし、誰よりも悲しんでくれるし、誰よりも怒ってくれるし、私以上に怒ってくれたり。
本当にたくさんたくさん、愛をもらったなと感じております。
私も本当に心から結子さんのことを愛してます。
この先、ちょっと、自分がどういう想いで、どういう気持ちで、何を見て何を感じて今までとそれがどう違うのか、正直分からないし、いろんなことに自信がなくなっているのも事実ですけど。
だけど、踏ん張って頑張っていこうと思います。
なので、このラジオも、楽しく来週からもお届けしたいと思っております。
ちょっと今日は、最後、心配をおかけするような声だったかもしれないし、悲しくなってしまうような声だったかもしれないですけど。今日はどうか、許してください。
また来週からこの時間を楽しく過ごせるように頑張っていきたいと思います。

イモトアヤコのすっぴんしゃん ーより引用
「まだうまく整理しきれていない」という心の内を明かし、竹内さんへの想いを言葉にしたイモトさん。
ネットからはイモトさんに対し、応援の声が多数上がっています。
・イモトさんの竹内さんへの想いを聞いて涙が止まりません。本当にお互いに大切な存在だったんだなと思いました。
・イモトさん、心配していました。まだ話すことがつらいと思います。それでも一つひとつ、丁寧に心の内を話してくれてありがとう。
・ファンの私でさえ、まだ受け入れられません。親友のイモトさんの喪失感やショックは本当に大きいと思います。無理しないでください。
イモトさんの気持ちの整理がつくにはまだまだ時間がかかることでしょう。
しかし、涙で言葉を詰まらせながらも、「これからも楽しく頑張っていきたい」と語ったイモトさん。
イモトさんのこれからの活動を温かく見守りたいものですね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする