ナイトサファリを100倍楽しめる? 日産「セレナ」が静かな理由

日産自動車はミニバンの「セレナ e-POWER」で夜の那須サファリパーク(栃木県那須郡)を巡る「オンラインナイトサファリ」を開催した。夜行性であるとそうでないとに関わらず、動物たちにとって夜のサファリは静けさが大事。そんなところにセレナで乗り入れて大丈夫なのか?

夜の動物たちに小島よしおさんも大興奮!
小島さんらが乗るセレナ e-POWERは、出発すると早速、動物に遭遇。羊の祖先ともいわれるムフロンだ。警戒心が強いムフロンだが、クルマが近くを通過しても逃げだすようなことはなかった。「とっても静かに走ってくれているので、動物ちゃんたちもびっくりしないようですね」と小島さんもセレナ e-POWERの静粛性には感心しきりの様子だ。

続いて登場したのが、個体数が世界で300頭ほどという稀少なホワイトライオン。小島さんが「氷河期とかには数がいたらしいですね」と知識を披露すると、「よく知っていますね」と飼育員が舌をまく一幕も飛び出した。

ベンガルトラ、アフリカライオンと続いた肉食動物ゾーンを抜けると、クルマはヤクやシマウマ、アジアゾウなどが暮らす草食動物ゾーンへと進んで行く。

ここで圧巻だったのがアミメキリンエリアだ。今回は特別な許可のもと、セレナ e-POWERの窓を全開にして小島さんがエサやりにチャレンジした(通常、エサやりは不可)。次々とエサをほおばるマーチ君の旺盛な食欲に小島さんも驚きを隠せない様子だったが、キリンが窓から車内に顔を入れてエサを食べるという非日常的なシーンは、今回ならではの光景だった。

道中、飼育員から出題される動物クイズに子供たちと一緒になって回答していた小島さん。質問コーナーでは好きな動物として「エミュー」を挙げたが、子供からエミューのモノマネを要求されるという無茶振りも。全行程を終えた小島さんは、「乗っている間のこと全てが最高の思い出になりました。クルマの中というよりも、外にいるような感覚。配信をご覧になった皆様も、ぜひご家族とのお出かけを楽しんでください」と語りかけ、ナイトツアーを締めくくった。

あらためて考えてみれば、野生に近い状況で飼育されている動物を刺激せずにその姿を楽しむのであれば、セレナ e-POWERのように静かで大きな窓を備えたクルマはうってつけだったのかもしれない。

安藤康之 あんどうやすゆき フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする