坂上忍、「森友問題」で亡くなった赤木俊夫さんの妻へエール「奥様のお気持ち考えたら…とことんやって欲しいと思うし、頑張っていただきたいなと思います」

15日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(前11時55分)で、「森友学園」を巡る公文書改ざん問題で自殺した近畿財務局元職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さんが国などに1億1000万円あまりの賠償を求めている裁判で、元職員が残した改ざんの経緯が記されたファイルの開示を求めるため、妻はファイルの存在を示す元上司の音声データを証拠として提出したことを報じた。
これまでの裁判で雅子さんは、俊夫さんが残したとされる改ざんの経緯をまとめたファイルの開示を求めているが、国側は回答を拒否。雅子さんは14日の裁判で、当時の上司が弔問に訪れた際、ファイルがあると話す音声記録を証拠として提出し、改めてファイルの開示を求める方針を示している。
MCの坂上忍は、今回の裁判に「僕の個人的な考えですよ」とした上で「こういった問題に対して例えば菅政権も非協力的。いまさら菅政権で真実を明らかにしましょうかっていうはずもないわけだから…ってなっちゃうと安倍政権を継承しているっていうか、安倍政権のころから菅さんなんてど真ん中にいた人だから、改革はしてほしい部分はあるんだけど、根っこの部分でどうも怖さとか不信感を持ってしまう」と明かした。
その上で赤木さんの妻へ「奥様のお気持ち考えたら、勝ち目がない戦いだろうと何だろうと、とことんやってほしいと思うし、それに対して僕らは報じることしかできませんけど、頑張っていただきたいなと思います」とエールを送っていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする