交番襲撃、来年1月初公判=元自衛官の男―富山地裁

富山市の交番で2018年6月、警察官が刺殺され、奪われた拳銃で警備員が射殺された事件で、強盗殺人罪などで起訴された元自衛官島津慧大被告(24)について、富山地裁は15日、初公判期日を来年1月14日に指定した。判決は3月5日に言い渡される。
起訴状などによると、島津被告は18年6月26日、富山県警富山中央署奥田交番の裏口付近で、所長の稲泉健一警視(2階級特進)=当時(46)=を刃物で刺すなどして殺害し、拳銃を強奪。さらに、近くの小学校正門付近で警備員中村信一さん=同(68)=を射殺したとされる。
中村さんの妻は、期日指定を受け「ようやく裁判の日程が決まったなという気持ち。旦那にはあと少し見守っていてねと伝えたい」とのコメントを発表した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする