殺人未遂容疑で66歳男逮 入居施設の男性刺す

千葉市若葉区桜木の歩道で血を流して倒れている男性が見つかった事件で、千葉県警千葉東署は15日、男性を刺したとして、殺人未遂容疑で、現場近くの自立支援施設に住む土木作業員伊藤正徳容疑者(66)を逮捕した。容疑を認めているという。
同署によると、男性は同じ施設で暮らす無職原口光好さん(58)。搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は殺人容疑も視野に捜査を進める。
逮捕容疑は14日午後9時~11時50分ごろ、施設内で原口さんの胸など数カ所を刃物のようなもので突き刺した疑い。
2人は数日前にも酒を飲んで口論になっており、事件直前も口論していたとみられるという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする