スバル、新型「レヴォーグ」発表 期待を超える“超・革新”の3つの価値とは?

SUBARU(スバル)は10月15日、新型「レヴォーグ」を発表した。新開発の高度運転支援システム「アイサイトX」をはじめ、同社の最新技術を結集。「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」の3つの価値を高めたモデルとして訴求する。

スバルの全ての技術を結集したクルマ
「新型レヴォーグが次世代スバルのトップバッターを担う」と、中村知美社長は同日開いたオンライン発表会で語った。同社の最新技術は日本向けのレヴォーグから投入する、という方向性で開発してきたといい、「現在スバルが持ち得る全ての技術を結集したクルマだ」と胸を張った。

2019年の東京モーターショーでプロトタイプを発表してから約1年たち、その間に顧客の期待感も高めてきた。先行予約を開始した8月20日から10月14日までに、8290台を受注したという。そのうち93%が「アイサイトX」搭載の上級グレードを選んでいる。

開発責任者の五島賢氏によると、新型レヴォーグの開発テーマは「継承」と「超・革新」。「人を中心としたクルマづくり」「グランドツーリング思想」といった歴代のスバルを代表するモデルの価値を継承しながら、新型レヴォーグに顧客が期待する革新性を“超える”ことを目指した。

“期待を超える革新”を具体化しているのが、3つの価値である「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」だ。

ハンズオフ運転も可能な「アイサイトX」
先進安全の分野では、新開発のステレオカメラに前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現した「新世代アイサイト」を標準装備。前側方プリクラッシュブレーキ、前側方警戒アシストなどの安全機能も搭載し、幅広いシーンで安全運転を支える。

また、GPSや準天頂衛星「みちびき」などからの情報と3D高精度地図データを組み合わせた新開発の運転支援システムとして「アイサイトX」を導入。自車位置を正確に把握することで、高速道路などの自動車専用道路において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作のアシストを行う。渋滞時のハンズオフが可能なほか、渋滞時の発進、車線変更、カーブや料金所前の速度制御などもアシストする。

スポーティの価値は、走行性能に表れている。スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造を組み合わせることで高剛性化・軽量化したほか、新開発の1.8リットル直噴ターボ“DIT”エンジンを採用。それによって、走行性能は「今までのスバルとは次元が違うレベルに到達した」(五島氏)という。

ワゴン価値というのは、快適性や操作性、積載性を高めたワゴン機能とインテリアのことだ。運転席周辺では、大型センターインフォメーションディスプレイを搭載したほか、アイサイトX搭載グレードにはフル液晶メーターを採用。走行時に必要な情報をアイサイトアシストモニターとメーターに表示し、設定や操作の機能はセンターインフォメーションディスプレイに集約。ドライバーの認知と操作をサポートする先進的なデジタルコックピットを作った。

荷室スペースには、大容量のサブトランクを新たに採用。荷室総容量を561リットルに増やし、幅広い用途に対応する。

初年度は月2200台の販売を計画する。グレード「GT」「GT-H」「STI Sport」を用意し、税込価格は310万2000円~370万7000円。アイサイトX搭載の上級グレード「GT EX」「GT-H EX」「STI Sport EX」は、それぞれ通常グレードより38万5000円高い348万7000円~409万2000円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする