既卒学生の内定率34.4%、現役生と格差拡大――コロナ禍で就活後ろ倒し影響

マイナビが2020年度の既卒者(大学卒業後3年以内)の就活状況について調査したところ、内定率は3割程度となった。現役学生の内定率を大きく下回っており、格差が例年よりさらに拡大する結果となった。

内定出た人も結果に満足できず……
コロナ禍で企業の採用活動が低調となり就活も後ろ倒しになっており、特に既卒へその悪影響が集中しているようだ。

調査はマイナビが9月14日~28日にかけて、「マイナビ2021」会員のうち既卒者約260人にWeb上で実施した。

既卒者の内定率は34.4%となり、前年よりも8.9ポイント減少した。ちなみに8月末時点での現役学生の内定率は77.6%で、前年よりも既卒と現役生間の格差が拡大する傾向にある。また、「新型コロナは自身の就活に影響したか」という質問には、既卒者の74%が「あった」と回答している。

既に内定が出た既卒者に今後の活動予定について聞いたところ、「内(々)定先に満足して終了する(している)」は52.7%となった。前年の同調査より18.4ポイント減少しており、就活の結果に満足できていない既卒者が増加しているとみられる。

「Web選考に戸惑い」「企業に行くの難しく」
また、現役時代との就活の活動量の差についても調べたところ、活動量が増えた既卒者と減った人の間では、内定率で約12ポイントの差がついた。

現役時より活動量が減った既卒者からは理由として、「去年とは違いコロナによりWebでの選考が増え戸惑いがあった」「新型コロナウイルスの影響もあり実際に企業に行くことが難しかった」といった声が寄せられた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする