iPhone 12発表 5G対応、小型のminiも

アップルは日本時間14日早朝、iPhone 12シリーズ4機種を発表した。5G通信に対応し、高速な通信が可能。有機EL(OLED)ディスプレイを採用し、狭額縁とすることで本体サイズを保ちながらディスプレイサイズを拡大した。また、スマートフォン向けで初となる5ナノプロセスルールで製造された「A14 Bionic」チップを搭載した。ティム・クックCEOは「10年ごとに技術は新時代を迎える。今日iPhoneの新時代が始まる」と語った。

背面に非接触充電器などをマグネットで装着できる「MagSafe」機能を新たに搭載。表面のガラスは耐落下性能が4倍に向上した「セラミックシールド」をうたう。また各機種ともにボディカラーとして新色のブルー、Pro2機種ではゴールドも用意した。5Gの対応周波数はサブシックスのほか、米国においてはミリ波にも対応する。

iPhone 8より小さいiPhone 12 mini
今回のラインアップする4機種の概要は次の通り。

・iPhone 12 画面サイズ6.1インチ 8万5800円(税抜)から 10月23日発売

・iPhone 12 mini 画面サイズ5.4インチ 7万4800円(税抜)から 11月13日発売

・iPhone 12 Pro 画面サイズ6.1インチ 10万6800円(税抜)から 10月23日発売

・iPhone 12 Pro Max 画面サイズ6.7インチ 11万7800円(税抜)から 11月13日発売

iPhone 12は、前機種から11%薄く、15%小さく、16%軽くなった。iPhone 12 miniは、iPhone 8やiPhone SEよりも小さく軽くなり、アップルは「世界で最も小さく、薄く、軽い5Gスマートフォン」としている。

また今回初めてイヤホンと電源アダプタを同梱(どうこん)しない。接続ケーブルは、高速充電に対応したUSB-C-Lightningを同梱する。パッケージを70%に小さくすることで出荷回数を削減でき、これらの取り組みにより、年間200万トンの炭素排出量が削減できるとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする