14日 北海道は季節を進める雨 西日本を中心に汗ばむ陽気続く

きょう(14日)は、北海道に前線を伴った低気圧が近づき、北海道を中心に一時的に雨。季節を進める雨になりそう。一方で、晴れる西日本を中心に気温はグンと上昇。
北海道は昼頃に雨 東海などもにわか雨に注意

きょう(14日)の日中に北海道や東北付近を前線が通過するでしょう。北海道と東北の日本海側では次第に雲が増えて、午後3時頃までは北海道の日本海側を中心に雨が降るでしょう。長く降り続く雨ではありませんが、雷を伴って、雨脚が強まることもありそうです。また雨がやんだあとは、西よりの風が強まるでしょう。この雨が季節を進める雨となり、前線通過後は次第に冷たい空気が流れ込みます。11月中旬頃に流れ込むような、この時期としては強い寒気です。標高の高い山や峠道では、今夜(14日)からあす(15日)にかけて雨ではなく雪が降り、積もる所も多くなるでしょう。すでに冬用のタイヤを用意されている方も多いと思いますが、今シーズン初めての積雪になるため、車の運転などは特に注意が必要です。また東海道沖では風がぶつかることによって、雨雲が発生しています。沿岸部(特に静岡県)を中心に所々で雨が降りそうです。関東も朝晩を中心に一部でにわか雨があるでしょう。
西日本を中心に汗ばむ陽気

晴れて気温がグンと上がるのは、沖縄と九州から東海です。多少雲の増える時間もありますが、おおむね晴れ。汗ばむくらいの陽気になりそうです。高知など28度くらいまで上がる所もあり、体調管理に注意が必要です。関東は日の差す時間がありますが、雲が多いでしょう。最高気温はきのうより5度ほど低い所が多く、22度前後の予想です。この時期らしい気温で過ごしやすいでしょう。北陸は午前中を中心に晴れる見込みです。比較的カラッとした陽気で、昼間は長袖のシャツ一枚でちょうど良いくらいでしょう。東北や北海道は、夜からグッと冷えてきます。暖かくしてお過ごし下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする