くら寿司が完成させた「非接触型サービス」 触れずに操作できるセルフレジや案内システムを導入

くら寿司は10月13日、タッチレスのセルフレジを新たに設置した店舗を公開した。この店舗には、店員を介さず席まで案内するセルフ案内システムなども導入している。お客に安心して来店してもらうため、同様の非接触型サービスを他店にも広げていく考えだ。

最新のセルフレジを先行導入したのは「池袋サンシャイン60通り店」(東京都豊島区)。10月16日には、なんば日本橋店(大阪市)にも導入する。

実際のサービスの流れはどうなっているのか。記者が実際に体験した。

まず、お客は入り口にあるタッチレス式のセルフ案内機で入店手続きをする。この機械にはセンサーが付いており、指の動きを認識するため、画面に直接触れる必要はない。指を近づけると自動で来店人数などを入力できる。

店内の席が空いていたり、事前に専用アプリで予約をしたりしていれば、すぐにテーブル番号を記載した案内表が発券される。天井に設置しているディスプレイがテーブル番号を示してくれるため、店員と対面することなくテーブル席まで移動できる。

事前予約をしないで来店し、満席だった場合はどうなるのか。お客はセルフ案内機を操作した後、待合スペースで自分が呼ばれるのを待つ。しばらくすると、店内放送で別の案内機を操作するよう促される。そこで手続きをしてから席に移動する。

タッチパネルに触れずに注文
テーブル席に設置されているタッチパネルに直接触れなくても商品を注文できる。くら寿司では、専用アプリから注文できるサービスをすでに導入している。しかし、池袋サンシャイン60通り店では、専用アプリをスマートフォンにダウンロードしていないお客にも対応している。タッチパネルに表示されたQRコードをスマホで読み込めば、自身のスマホにメニューが表示される。4人のグループで来店した際も、各自のスマホで注文できる仕組みだ。

また、回転レーンを流れている商品を取る際、レーンに取り付けたカメラが皿を自動でカウントするセルフチェック機能も導入している。このシステムは東京・浅草にある浅草ROX店に先行導入されていたものだ。

食事が終わったら、テーブル席にある投入口に皿を入れる。レーンのカメラが認識した皿と、スマホから注文した皿の数が合っているかを確認するためだ。

全ての皿を投入したら、タッチパネルに表示される「投入完了」と「お会計」を直接押す必要がある。現時点では、この部分だけは非接触対応になっていない。21年の春ごろまでには非接触で操作できるようにするという。

テーブル席のタッチパネル操作が全て終わったら、入店時に発券された案内表を持ってセルフレジに移動する。セルフレジは案内機同様、タッチレスで操作可能だ。案内表をレジに読み込ませて、決済方法を選択する。

くら寿司は、セルフ案内のシステムを322店舗、食べた皿の枚数を自動でカウントするセルフチェックのシステムを168店舗にそれぞれ導入済みだ(20年9月末時点)。そして、これらのシステムを他店に広げていく。

20年11月には、今後のくら寿司のモデルとなる店舗を東京・東村山市にオープンする。池袋サンシャイン60通り店にある非接触のシステムを導入しているだけでなく、テーブルや椅子にも新しい感染症予防の工夫をしているという。広報担当者は「モデル店舗にあるような感染症対策をしっかりした上で、今後も新規出店していく」と説明する。

大手外食チェーンで進む非接触の流れ
くら寿司以外の大手回転寿司チェーンでも、新型コロナウイルスの感染症対策が着々と進んでいる。例えば、スシローはセルフレジや自動案内システムの導入を進めている。また、人との接触を減らすために土産ロッカーを設置する店舗を増やしている。事前にネットで注文・決済すれば、商品を好きな時間に店員と接触せずに受け取れる仕組みだだ。スシローは競合他社同様、持ち帰り商品も強化しており、このロッカーの利用増を目指している。

居酒屋大手のワタミは、外食事業の新メインブランドである「焼肉の和民」1号店を10月5日にオープンした。感染症対策のため、店内には商品を運ぶ特急レーンや配膳ロボットを配置しており、居酒屋業態と比べて従業員との接触を80%減らすことを目指している。

今後、ITを活用した非対面・非接触型の店舗は確実に増えていく。客数減に苦しむ外食チェーンがV字回復できるのはいつになるのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする