艦名一新! 海自の最新鋭潜水艦「たいげい」が進水

次世代を担う新潜水艦の1番艦「たいげい」が進水。今度は「げい」級。
防衛省は2020年10月14日(水)、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)にて、新規建造された潜水艦の命名式および進水式を実施しました。「たいげい」と命名されたこの艦は、従来「3000トン型潜水艦」と呼ばれていた新型潜水艦の1番艦にあたります。
「たいげい」は全長84.0m、幅9.1m、深さ10.4m、基準排水量3000t、乗員は約70名、主機関はディーゼル電気推進で、軸出力は6000馬力です。起工は2018年3月16日で、今後、艤装や各種試験を実施したのち、2022年3月に引き渡しの予定です。
「たいげい」の進水式での様子。漢字では「大鯨」と書く(2020年10月14日、乗りものニュース編集部撮影)。
前型のそうりゅう型潜水艦と比べると、基準排水量で50から100トンほど増え、深さが0.1m大きくなった以外は概ね変更ありません。外観形状もほとんど変わっていないものの、主機関はそうりゅう型の11番艦「おうりゅう」や12番艦「とうりゅう」に引き続き、ディーゼルエンジンとリチウムイオン電池を組み合わせたディーゼル電気推進が採用されています。
なお、「たいげい」は漢字では「大鯨」と書き、文字どおり大きなクジラを意味し、海上自衛隊で用いるのは初めての名称です。旧日本海軍では、同名の艦が潜水母艦として存在しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする