JR東海が国産の「N700S新幹線 フィルタマスク」を本日10月14日に発売 ECサイトと東海道新幹線主要駅のキヨスクで

JR東海は10月12日、7月に営業運転を開始した新型車両「N700S」のロゴなどをあしらった「N700S新幹線 フィルタマスク」を販売すると発表した。価格は1パック5枚入、3パックセットで3500円(以下税込、送料込)、1箱50枚入で8500円の2種類。鉄道用品などのECサイト「JR東海鉄道倶楽部」で10月14日正午に販売を開始する。

また、EC以外にも東海道新幹線主要駅のキヨスク、名古屋マリオットアソシアホテルで10月16日以降に販売するという。

国産マスクとコラボ 狙いは?
同商品は総合フィルターメーカーのヤマシンフィルタが特許を保有するナノファイバーを活用して開発した国産の「ヤマシン・フィルタマスク」に、N700Sのロゴなどをデザインしたもの。高捕集性能、性能持続性を特長としていて、押し洗いにより5回程度は繰り返し使用可能だという。

JR東海の担当者に取材したところ、今回の販売意図を教えてくれた。

「もともとヤマシンフィルタさまのグループ企業には、東海道新幹線で走行する車両N700S、N700Aの空調機器のフィルターを製造していただいておりました。取引の実績があったこともあり、当社からコラボの一環として今回の企画を持ち掛けました。ECサイトのラインアップを拡充する意味でも重要な施策だと考えています。具体的な企画は未定ですが、今後は子ども用マスクや、(黄色の新幹線として人気を博している)ドクターイエローのデザインをあしらったマスクの販売なども検討していきたいと考えております」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする