写真データなど2回送信=積水化学元社員の情報漏えい―大阪府警

大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市北区)の社員だった男性(45)による中国企業への情報漏えい事件で、男性が写真データなどを含む情報を2回にわたり中国企業にメールで送っていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。男性は中国企業側から、積水化学が持っていない技術との情報交換を持ち掛けられていたが情報は得られず、実際は一方的に提供しただけだったという。
中国企業は広東省にある通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」で、男性は13日、大阪府警に不正競争防止法違反容疑で書類送検された。
送検容疑は2018年8月~19年1月、積水化学工業の営業秘密に当たるスマートフォンのタッチパネルに使われる「導電性微粒子」の製造工程に関し、自ら作成した設備リストや、会社のサーバーからUSBメモリーに複製した写真データなどを、2回にわたり中国企業に開示した疑い。
捜査関係者によると、中国企業はビジネス向けのインターネット交流サイト(SNS)を通じ、別の中国企業関係者を装って接触。技術指導のための非常勤顧問の依頼を口実に男性を中国へ招待し、本来の会社名を明かした上で情報交換を持ち掛けた。
男性は複数回、渡航しており、数日間の宿泊代など滞在費は中国企業側が負担していたという。
積水化学工業は男性の書類送検を受け、「漏えいした情報に顧客や取引先の情報は含まれていないが、ご心配とご迷惑をお掛けしおわびする。情報管理と社員教育を強化しており、引き続き再発防止に取り組む」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする