「ママ、あのね…」もじもじする息子、そのワケを聞いてみると?

さみしいといわれた時、なんて返事をするべきなのか悩みます。
このコメントとともに、にいどゆう(@ineedyou31219)さんはTwitterにある漫画を投稿。反響を呼んでいます。
3歳の息子である『あーくん』は、風邪をひいて1週間ほど幼稚園を休んでいました。
久しぶりの幼稚園のため、あーくんが元気にしているか心配するにいどさんの元に、幼稚園から電話がかかってきて…。
(2/2)さみしいと言われた時、何て返事をするべきなのか悩みます。「頑張って」「泣いてもいいよ」どれもしっくりこない時は、ママはいつもあーくんが大好きで、ずっと味方であることを伝えます。安心できる場所があるんだよという意味を込めているつもりです(なんとなくでも伝わってればいいな) pic.twitter.com/1ePnH1noqG
にいどさんは、あーくんが友達と元気に遊んでいたことを幼稚園から聞き、安心します。
その夜、あーくんはもじもじとしながら、にいどさんにこういいました。
「あーくんね、なかないで、さみしいときあるの!!」
あーくんは、お母さんと離れて過ごすさみしさを必死に我慢して、幼稚園で気丈に振舞っていたのです。
元気に幼稚園へ向かう姿を見ていたにいどさんにとって、あーくんの告白は考えてもなかったことでした。
わずか3歳の我が子が1人で頑張る姿に、にいどさんは思わず涙がこぼれてしまいます。
【ネットの声】
・子供って小さな身体でも、日々いろいろなことを考えているんですよね。つい我が子を思い出して泣いてしまいました。
・息子さんなりにたくさん考えて、自分の気持ちをお母さんに伝えたんだろうな…。
・読んでいて、胸がキュッとなりました。忙しいとつい子供のさみしい気持ちを見落としがちですが、「ここは安心できる場所」だとちゃんと伝えようと思いました…!
子供に「さみしい」といわれた時、にいどさんは「泣いていいんだよ、お母さんとお父さんはずっとあなたの味方だからね」と伝えるといいます。
子育てをしていると、我が子になんと声をかけてあげたらよいか、分からなくなってしまう時があるでしょう。
そんな時は、「あなたを心から大切に思っている」という気持ちを、しっかりと伝えてあげるといいのかもしれませんね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする