「ティファール」最高級シリーズ登場 ピエール・ガニェール監修

グループセブ ジャパンはこのほど、「ティファール」の最高級シリーズ「ティファール エクスペリエンス+(プラス)」を百貨店・専門店限定で発売した。

フランス料理を代表する3つ星シェフのピエール・ガニェール氏が監修したティファールの最高級シリーズ。ガニェール氏は現在、世界中のレストランでミシュランの16の星を獲得し、東京のレストランも2つ星を獲得している。

「フライパン」と「ウォックパン」には、すばやく熱を伝えるアルミニウム合金を採用。ティファール独自の新コーティングには「ハードクリスタル」素材を表面に近い層に施し、ティファール史上最高峰のこびりつきにくさとその耐久性を実現した。

「エッグロースター」はふっくらした理想的な玉子焼きに最適なアルミキャスト製。「圧力鍋」は、ティファール最高級シリーズならではの4つの調理プログラムを搭載し、”野菜類、豆・米穀類、肉類、魚介類”の食材に合わせて設定するだけで食材ごとに最適な圧力で調理でき、食材の美味しさを引き出すことができるという。

ラインナップは、「フライパン22cm」(11月発売予定/1万円)、フライパン24cm(10月発売予定/1万1,000円)、「フライパン26cm」(1万2,000円)、「ウォックパン28cm」(1万4,000円)、「エッグロースター」(15×20cm/7,000円)、「圧力鍋6L」(3万5,000円)。

※価格はすべて税別

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする