猛暑日にトランポリン強要…8歳女児の死亡で保護者が逮捕

テキサス州オデッサで8月、ジェイリー・アンちゃん(8)という名の女の子が命を落とした。今週月曜になり、ジェイリーちゃんの法的な保護者であるダニエル・シュワルツ(44)と妻のアシュリー(34)が殺人罪で逮捕、起訴されたとオデッサ警察署が公表した。
警察の報告書によると、ジェイリーちゃんは8月29日、屋外で休むことなくトランポリンで跳ぶことをシュワルツ夫妻に強要されていたという。警察の捜査で、この日ジェイリーちゃんは朝食を与えられず、水も飲ませてもらえなかったことがわかっている。当日は気温39度の猛暑日で、トランポリン表面の温度は43度、地面に至っては65度に達していたそうだ。検視報告書に書かれた死因は脱水症状。警察は殺人と断定して調べを進めていた。
PEOPLE誌によると、シュワルツ夫妻はジェイリンちゃんの実の親ではなかったという。どういった経緯でジェイリンちゃんが夫妻の庇護下に置かれることになったのかはわかっていない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする