「外務大臣は何してたんだ」 河野太郎が寄せられた『クレーム』にあ然… その内容は?

菅内閣の行政改革・規制改革担当相を務める河野太郎大臣は2020年10月14日にTwitterを更新。その内容が反響を呼んでいます。
河野大臣といえば、就任直後に行政改革の目安箱として自身のウェブサイトに『縦割り110番』を開設。縦割り行政に関するさまざまなクレームや訴えを国民から広く受け付けていました。
寄せられたクレーム内容の中で気になったものを、実際に試してみたという河野大臣。
投稿では、在インドネシア日本大使館領事部から送られてきたメールの自動返信のスクリーンショットをアップしています。
「冗談のようなクレームがあったから試してみたら本当だった」と驚きを示した理由とは…。
冗談のようなクレームがあったから試してみたら本当だった。なんでだろう。歴代の外務大臣は何してたんだ。あっ、すみません。 pic.twitter.com/8jJ9GMRDR1
「受付時間内に改めてメールを送信ください」
領事館の自動返信メールによると、領事館受付窓口時間(平日の午前8時30分~12時、午後1時30分~3時)以外の時間にメールをしても受け付けてもらえないとのこと。
さらに、窓口時間内に再度メールを送ってほしいと記されていました。
河野大臣は「なんでだろう。歴代の外務大臣は何してたんだ。あっ、すみません」と本音をぽろり。
ネット上では投稿に多くのコメントが寄せられています。
・窓口受付時間も短時間だけど。メールも時間外はダメとは。
・試してみて確認されるところがさすがです。なんのためのメールなのか…。
・「本日中の回答は出来ません」ではなく「改めて送信して下さい」なんですね。いくらなんでもこれはまずい。
電話だけでなくメールの受付時間も制限するのは、受け取る側が間違いのないようになど、具体的な理由があるのかもしれません。
しかし、利用者側からするとやはり不便なもの。時代の流れにそって改善できるところは工夫をしてほしいと願ってしまいますね。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする