3人目被害者も殺害承諾なし=座間9遺体、被告人質問―東京地裁支部

神奈川県座間市のアパートで10~20代の男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判第7回公判が14日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)であり、3人目の被害者となった同県横須賀市の男性=当時(20)=に関する被告人質問が行われた。白石被告は「殺してくれとは言われなかった」と述べ、男性からの殺害承諾を否定した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする