サイゼリヤ、最終赤字34億円 20年8月期 コロナで「厳しい状況が続く」

サイゼリヤが発表した10月14日に発表した2020年8月期(19年9月~20年8月)通期の連結業績は、売上高が1268億4200万円(前期比19.0%減)、営業赤字が38億1500万円(前期は95億9900万円の黒字)、最終赤字が34億5000万円(同49億8000万円の黒字)だった。消費増税や新型コロナウイルスの感染拡大の影響が響いた。

消費増税の際は、多くのメニューで税込み価格を据え置き、実質的に2%の値下げをした。新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言の発出後は、約300店舗で臨時休業や営業時間の短縮を行った。緊急事態宣言が明けた後も、ソーシャルディスタンスの確保のため客席数を減らして営業している。国内事業の売上高は952億8400万円(前期比19.9%減)、営業赤字は56億2300万円(前年は51億1600万円の黒字)だった。

アジアでも新型コロナウイルスの影響を受け、上海、広州、北京の店舗で一時休業を行った。アジアでの業績は、売上高が314億800万円(前期比16.0%減)、営業利益は17億5500万円(同59.9%減)だった。

2021年8月期の見通しについては、新型コロナウイルスによる個人消費の低迷などで「引き続き厳しい状況が続いていく」と判断している。業績予想は、売上高1350億円(前期比6.4%増)、営業赤字10億円、最終赤字36億円を見込んでいる。20年8月期と比べると増収を見込むが、新型コロナウイルスの対策として店舗環境を整備する予定で、最終赤字は膨らむとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする