九州 広範囲で夏日 週後半は秋深まる

きょう13日(火)、九州は各地でからりとした秋晴れが続き、日中は広い範囲で夏日になる見込みです。朝との気温差が大きくなるでしょう。今週の後半は大陸から冷たい空気が流れ込むため、秋が深まる見込みです。この先、気温の変化が大きくなりますので、体調管理にお気をつけ下さい。
日中は汗ばむ陽気に
きょう13日(火)の九州は、大陸から張り出す高気圧に覆われて各地ともすっきりと晴れています。今朝は放射冷却現象が強まり、九州の山沿いや内陸部は最低気温が10度前後まで下がりましたが、日中は最高気温が25度以上の夏日になる所が多く、日差しの下では汗ばむくらいになる見込みです。山沿いや内陸部では、朝と昼の気温差が15度以上と大きくなる所がありますので、服装にお気をつけ下さい。
週の後半は気温下がり、冷たい雨も

九州は、あさって15日(木)頃まで晴れる所が多いですが、16日(金)から来週初めは湿った空気の影響で雲が増えて、一時冷たい雨が降るでしょう。今週の後半は大陸から冷たい空気が流れ込むため次第に気温が下がり、週末から来週初めは最高気温が20度前後と日中も風がひんやりとして肌寒くなりそうです。今週の後半はまた秋が深まります。今週の前半と後半では、気温の変化がたいへん大きくなりますので、体調管理に気をつけてお過ごし下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする