SUBARU、「インプレッサ」の個性が際立つ3つの新グレードを設定

SUBARUは10月8日、「インプレッサ」を一部改良し、発売した。

2016年10月に発表した第5世代「インプレッサ」は、国内主力車種として、ユーザーに最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」や、国産初となる歩行者保護エアバッグなどの新技術を採用。「総合安全性能」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現した。

今回の改良では、「インプレッサ5ドア」に、新感覚の走りの愉しさを実現する電動技術e-BOXERを搭載した「Advance」「2.0e-L EyeSight」、「インプレッサ」のスポーティさをより際立たせSTIのチューニングによって上質な乗り心地を実現した最上級グレード「STI Sport」を新たに追加した。

e-BOXERを搭載したグレード「Advance」「2.0e-L EyeSight」は、モーターアシストによる軽快な加速を実現。またSI-DRIVEと協調するアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を採用。コーナリング時によりスポーティで愉しい走りをサポートする。

「Advance」では、エクステリアをグレーメタリック色のフロントグリルやアルミホイール、リヤスポイラーでコーディネートし、インテリアをネイビーとライトグレーを基調とした落ち着いた色合いとすることで、上質さと先進性を感じさせる仕様とした。

「STI Sport」は、STIのチューニングによって、普段の運転でもクルマを操る愉しさを存分に感じることのできる最上級モデル。足回りには、フロントサスペンションにSTIチューニングSHOWA製メカ式減衰力可変ダンパーを採用。快適な乗り心地と俊敏でスポーティな走りを高い次元で両立した。

また「STI Sport」シリーズ初となるFF車を設定。前輪だけに駆動力が加わる走行特性を活かし、より軽快な走りを実現した。エクステリアは、各部にブラックカラーのパーツを採用。さらに専用ボディカラーとして、セラミックホワイトとWRブルー・パールを設定。インテリアはレッドステッチでコーディネートすることで、スポーティさを表現した。

価格帯(税込)は、200万2,000円~292万6,000円。ボディカラー「クリスタルホワイト・パール」は3万3,000円(税込)高となる。

店頭デビューフェアは、2020年10月24日~25日、10月31日~11月1日を予定している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする