蓮舫氏、学術会議の任命拒否問題で指摘「問題はシンプル。誰が6人を削ったのか? です」

立憲民主党の蓮舫参院議員(52)が13日までに自身のツイッターを更新。日本学術会議から推薦された新会員候補6人を任命しなかった問題を厳しく追及する姿勢を明らかにした。
この日、加藤勝信官房長官(64)が12日の会見で菅義偉首相が首相が6人を含む105人の推薦者名簿を「見ていない」と発言したことについて、「決裁文書には推薦者名簿は参考資料として添付されており、参考資料までは詳しくは見ておられなかったことを指していると思う」と述べたという記事を貼り付けた蓮舫氏。
「何度も指摘していることを官房長官が認めました。菅総理の決裁書類には105名の日本学術会議推薦名簿が添付。それを見ずに99名を任命」と、つづった上で「とてもシンプル。誰が6人を削ったのか? です」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする