山梨県職員を児童買春容疑で逮捕

10代の少女とみだらな行為をしたとして、長野県警軽井沢署は13日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、山梨県職員の関谷秀昭容疑者(54)=同県山梨市三ケ所=を逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は8月下旬、長野県内の宿泊施設で、少女が18歳に満たないことを知りながら、現金を支払う約束をし、みだらな行為をした疑い。
軽井沢署などによると、関谷容疑者と少女は面識がなく、インターネット交流サイト(SNS)で知り合ったという。警察官が少女を補導し、事情を聞いて発覚した。
山梨県によると、関谷容疑者は地域創生・人口対策課の総括課長補佐。同県は「逮捕されたことは、県職員全体の信用に関わる重大な問題だと認識している。事実関係を確認した上で、厳正に対処していきたい」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする