陸自ヘリにレーザー照射=機長ら被害なし―東京・立川

陸上自衛隊は13日、第1飛行隊(東京都立川市)に所属するUH1J多用途ヘリコプターが12日夜に同市上空でレーザー光線の照射を受けたと発表した。機長と副操縦士に健康被害はない。
陸自によると、12日午後7時20分ごろ、同市羽衣町上空で、機長らに緑色のレーザー光線が約2秒間照射されたという。ヘリは夜間飛行訓練を終えて立川駐屯地に戻る途中だった。同飛行隊は警視庁立川署に通報するなどした。
同飛行隊長の松山康二2等陸佐は「航空機の運航や乗員の安全に極めて重大な影響を与える可能性があることから同種事案が発生しないことを切に願う」とコメントした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする