「給与ファクタリング」首謀者か=貸金業法違反容疑で男逮捕―大阪府警

給与を受け取る権利を買い取る「給与ファクタリング」と称してヤミ金融を営んでいた業者が摘発された事件で、大阪府警生活経済課は13日、貸金業法違反(無登録営業)容疑で、東京都江東区豊洲の会社員藤岡剛容疑者(40)を逮捕した。
同課はこれまでに「D―ライン」や「プライベートファクタリング」の屋号で営業していた実質経営者らを逮捕したが、藤岡容疑者が業務全般を管理する首謀者だったとみて詳しい実態を調べている。
逮捕容疑は3~6月、給与ファクタリングと称し、新潟、兵庫両県などの20~40代男性4人に現金計29万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだ疑い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする