「旅行関連」支出の多かったエリア、愛知・東京・神奈川がトップ3に

くふうカンパニーグループにて家計簿サービス「Zaim」を運営するZaimはこのほど、国土交通省観光庁が行うGo To トラベル事業の影響を鑑みた速報として、都道府県別の旅行関連の支出金額を調査した。

同調査の対象地域は、全都道府県(各エリアでの支出記録)。対象期間は、2019年9月の土日/10月5~6日(第一週土日)、2020年3月21日~5月31日の土日/9月19日~22日の土日祝/10月3日~4日の土日。対象家計カテゴリは、「旅行」「電車」「新幹線」「ガソリン」「高速代」「レジャー」「イベント」だった。

10月第一週の速報値としては、旅行関連の1日あたりの支出平均額は1,537円で2019年の10月初週と比較し同水準まで持ち直している。10月3日~4日の1日あたりの旅行カテゴリの支出金額は、自粛期間中と比べ 9.4倍、9月19日~22日の4連休と比べ1.8倍に伸びた結果となった。

10月第一週の土日において、支出したユーザー数が最も多かったのは愛知県。ワーストとなった地域と比較し約20倍、2019年の同期間で首位だった東京と人気を逆転した。ただし、愛知県と東京どちらも去年よりワーストとの比較が大幅にダウンしており、旅行・レジャーへの行き先としては減少傾向が明らかとなった。

2020年3月21日~5月31日の自粛期間の土日を比較とした場合、首都圏エリア(東京都・群馬県・埼玉県・山梨県・神奈川県

・千葉県・栃木県)における「旅行関連」への支出比率は、9月4連休は1.7倍、10月初週の土日は1.9倍と躍進。特に東京では、それぞれ2倍以上の結果となり、Go Toトラベル事業のタイミングと合わせて旅行・レジャーなどの支出が伸びた結果となった。

調査の結果、今年3月~5月末のいわゆる自粛期間と比較し、9月の4連休や10月第一週の首都圏の旅行・レジャーなどの支出は大幅に拡大していることがわかった。また、2019年の同期間と比較としても、出費した人の数はほぼ同水準まで回復。2020年前半に大幅に低下していたお出かけ・レジャー等関連の消費が活発化の傾向を見せている。ただし、東京を拠点としたレジャー活動は昨年よりも人気が低下していることがわかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする