人気曲『サザエさん』作曲者が死去 音楽関係者に衝撃が走る

2020年10月12日、作曲家の筒美京平さんが亡くなりました。80歳でした。
サンケイスポーツによると、誤嚥(ごえん)性肺炎のためとのことです。
「また逢う日まで」「17才」「サザエさん」など、世代を超えて親しまれる名曲の数々を生み、昭和の歌謡曲黄金期を支えた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい、本名渡辺栄吉=わたなべ・えいきち)さんが7日午後3時ごろ、誤嚥性肺炎のため東京都内の自宅で死去したことが12日分かった。80歳。
サンケイスポーツ ーより引用
筒美さんは、昭和の歌謡曲を数々作曲。近藤真彦さんの『スニーカーぶる~す』や、ジュディオングさんの『魅せられて』、太田裕美さんの『木綿のハンカチーフ』などの名曲を生み出してきました。
いしだあゆみさんの『ブルー・ライト・ヨコハマ』では、日本レコード大賞作曲賞を受賞。
また、アニメ『サザエさん』のオープニング曲の作曲者でもありました。
人気曲を多数手がけた作曲者の訃報に、悲しみの声が上がっています。
・筒美さんが作曲した曲はどれも好きでした。
・歌謡曲のレジェンドが…。悲しいです。
・筒美京平さんの曲で育ったものです。数々の記録を残している方。
突然の訃報は、多くの音楽関係者にも衝撃を与えたようです。
筒美さんの残した名曲は、いつまでも私たちの心に残ることでしょう。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする