ピーマンさえあればOK Twitterで話題の『ピーマン丼』の作り方は? 「簡単」「ヘビロテ決定」

料理研究家のリュウジ(@ore825)さんは、ピーマンが主役になる簡単レシピを考案。Twitterで話題になっています。
「焼き肉並みにご飯が進みます」と太鼓判を押す『ピーマン丼』の作り方とは。
【材料】
・ピーマン 3こ・ご飯 200g・ゴマ油 小さじ2・酒 大さじ1・みりん 大さじ1・しょう油 大さじ1・味の素 4ふり・黒コショウ 適量・いりゴマ 適量
まず、ピーマンはヘタを取り除き、縦に切って4等分にします。
フライパンにゴマ油を引いたら、ピーマンを皮目を下にして入れ、焼け目がつくまで焼きましょう。
リュウジさんによると、ピーマンの苦味はよく加熱することで飛んでいき、まろやかな味になるそうですよ。
ピーマン全体に油がまわり、照りが出てきたら、酒・みりん・しょう油の順に調味料を入れ、黒コショウと味の素をかけます。
タレにとろみが少しつくまで、加熱。とろみがついたら温かいご飯に盛り付けましょう。
ピーマンを盛りつけたら、余ったタレも上からまわしかけます。
最後に、いりごまをふりかければ完成です!
ピーマンだけで米を食うのは無理だと思っている方、騙されたと思ってやってみてください焼き肉並みにご飯進みます『ピーマン丼』ピーマン3個130gをゴマ油小さじ2で焦げ目がつくまでよーく焼き醤油大1、みりん大1、酒大1、味の素4振り、黒胡椒入れ煮詰め、ご飯200gにかけゴマで完成! pic.twitter.com/Rzw5fxpU1r
リュウジさんいわく「ピーマンが苦手という人も、ぜひ試してほしい!」という一品。
熱々のご飯とタレ、ピーマンのうまみがたまらないおいしさだといいます。
ネット上でも「早速試した」といった声が相次ぎました。
・ピーマンってチンジャオロースを作る時しか出番なかったけど、新たなレパートリーが増えて嬉しい。
・簡単だし、調味料も覚えやすいし、おいしい!このレシピをヘビロテしそうです!
・早速作って食べてみましたが、本当においしすぎて震えました。
・ピーマンの新たな扉が開きました。うちは、これに玉ねぎとにんじんも入れています!
お酒を飲んだ後のしめにもなりそうな『ピーマン丼』。
今晩、作ってみてはいかがでしょうか。
[文・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする