関東 週末にかけて 気温の変動が激しい 服装選びに注意

あす13日(火)は、関東では日差しの出る時間があって、25度以上の夏日になる所もあるでしょう。あさって14日(水)以降は、北から少しずつ寒気が入ってきます。特に、16日(金)と17日(土)は雨が降って、最高気温は15度から16度くらいで、かなり肌寒いでしょう。週末にかけては、気温の変動が激しくなりますので、服装でうまく調整をし、体調を崩さないよう、お気をつけください。
あす火曜日 日差しわずかも 汗ばむくらい

きょう12日(月)は雲が多いものの、晴れ間の出た所もあって、最高気温は25度以上の夏日になった所もありました。東京都心は8日ぶりの夏日になりました。湿度も高く、駅の構内や人混みなどでは、ムシムシと感じられた方も多かったのではないでしょうか。あす13日(火)も、関東地方は湿った空気や気圧の谷の影響を受ける見込みです。午前中を中心に日差しの出る所がありますが、午後は雲が増えてきて、夕方以降は雨が降る所もありそうです。お出かけの際は、念のため雨具をお持ちください。また、ここ10日ほどは、洗濯物の乾きにくい、雲の多いスッキリしない天気が続いています。あす(火)は、昼頃まで日差しが出る所もありますので、有効にお使いください。週末にかけてはスッキリと晴れる日はありませんので、洗濯物はこまめに片づけていきましょう。最高気温は、雲が多い所でも、25度以上の夏日になる所が多いでしょう。きょう(月)と同じくらいの所がほとんどで、最小湿度は60から70%くらいの見込みです。少し動いただけで、汗ばむ方もいらっしゃるかと思います。朝晩は涼しいので、あすも脱ぎ着のしやすい服装が良さそうです。

水曜日以降 徐々に気温下がる 金曜日と土曜日は晩秋のような寒さ

あさって14日(水)以降も、関東地方は湿った空気や気圧の谷の影響を受け続けるでしょう。また、あさって(水)は北海道付近を前線が通過し、15日(木)にかけては寒気が流れ込んできます。北国からは「初冠雪」や「初雪」などの冬の便りが届くかもしれません。関東も北から流れ込む寒気の影響で、16日(金)頃をピークに、かなり肌寒くなりそうです。最高気温は15度くらいと、晩秋ごろの肌寒さでしょう。雨も降って、先週の8日(木)と9日(金)のようなヒンヤリとした空気になりそうです。日中も風を通しにくいコートやトレンチコート、ストールなどが活躍するでしょう。今週末までに、首元を温めるストールなどのアイテムを用意しておいた方が良さそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする