空中に映像浮かぶ“非接触ディスプレイ”、凸版印刷が薄型化 壁にも埋め込み可能

凸版印刷は10月12日、空中に映像を浮かび上がらせ、直接触らずに操作できるディスプレイの新型を発表した。従来品より本体を50%薄くし、壁面にも埋め込めるようにした。12月から試験的に提供し、2022年に本格量産と20億円の売り上げ(関連受注を含む)を目指す。

ATMや受付端末など、多くの人が触れる場所での導入を見込む。空中映像の視野角を左右15度に制限しているため、暗証番号ののぞき見などを防げるという。ぬれた手や手袋のままでも操作が可能で、医療現場やクリーンルームでも使える。

新製品では、液晶パネルに対して平行に空中映像を生成することに成功した。パネルに対して画像が約90度に出現する従来品と比べて薄型化できた上に、利用者は直感的な操作ができるようになったという。新製品の空中映像は従来品と比べ輝度が約5倍で、視認性が高くなり、利用者に複数の像が見えてしまう“ゴースト像”も減少した。

サンプル機の液晶パネルは7インチ。本体サイズは28.5(幅)×28.5(高さ)×6(奥行き)センチで、重さは1.9キロ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする