元府警巡査に有罪=同僚に大麻販売―大阪地裁

大麻を所持し、同僚の警察官に販売したとして、麻薬特例法違反(譲渡)罪などに問われた元大阪府警堺署巡査、蔵川涼太被告(22)=懲戒免職=の判決が16日、大阪地裁であり、船戸宏之裁判官は懲役1年2月、執行猶予3年、追徴金6万円(求刑懲役1年6月、追徴金6万円)を言い渡した。
船戸裁判官は「警察官の職にありながら、大麻を別の警察官に譲渡し、拡散にも関与した。より強い非難に値する」と指摘。一方で「懲戒免職などで一定の社会的制裁を受けている」と酌量の理由を述べた。
判決によると、蔵川被告は4~5月、大阪府内の自宅で大麻約0.16グラムを所持したほか、6回にわたり同僚の警察官2人に計約12グラムの大麻を譲り渡した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする