木曜午後~金曜 日本海側で警報級の大雨の恐れ 関東は35℃くらいに

木曜午後~金曜 日本海側で警報級の大雨の恐れ 関東は35℃く…の画像はこちら >>
17日は本州付近に秋雨前線が停滞し、18日は寒冷前線が通過するでしょう。日本海側を中心に雨が降り、雨量が多くなる恐れがあります。18日、関東付近に真夏の空気が流れ込むでしょう。
17日 秋雨前線が本州付近に停滞 九州では昼前後に激しい雨

17日は、秋雨前線が本州付近に停滞する見込みです。日本の西では、気圧の谷が深まります。全国的に曇りや雨でしょう。カミナリが鳴る所もあり、九州では、昼前後を中心に、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降る所がある見込みです。
18日にかけて北海道の道南・東北~九州の日本海側で大雨の恐れ

17日午後から18日にかけては、北海道付近を気圧の谷が通過し、寒冷前線が本州付近を通過する見込みです。日本列島に南から暖かく湿った空気が流れ込みます。このため、九州から北海道にかけて、日本海側を中心に発達した雨雲がかかる見込みです。特に北海道では大気の状態が非常に不安定になり、雨雲が発達しやすいでしょう。道南を中心に大雨の恐れがあます。17日夕方から18日にかけて雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨となる可能性もあります。東北から九州の日本海側では、今のところの予想では、雨のピークは、前線が通過する18日の未明から明け方頃ですが、その後も雨が降り続く所があり、雨量が多くなることもあるでしょう。北陸や九州北部でも、18日は、警報級の大雨になる可能性があります。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意して下さい。また、発達した積乱雲の下では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降る恐れがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、建物の中など、安全な場所に移動して下さい。
18日 関東では日中の気温35℃くらいに
18日は、関東付近に真夏の空気が流れ込みます。関東では晴れ間があり、日中の気温は35℃くらいまで上がる所がある見込みです。ここ数日のような朝晩の涼しさもなく、夜でも熱中症対策が必要になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする