ホームページ上に不適切広告=掲載、1日で一時停止―気象庁

気象庁は16日、同庁ホームページ(HP)への広告掲載を一時停止した。基準に沿わないものが複数確認されたため。関田康雄長官は同日の定例記者会見で「再発防止策を取りたい」と述べた。
同庁はHP運営費の一部に充てるため、15日午後2時に広告掲載を開始した。8700万円の収入を見込んでいたが、不適切なウェブサイトにつながる広告が複数出現。約100サイト分を削除したが、16日午前10時前に掲載を停止した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする