ゆうちょ銀行、ずさんな本人確認 なぜ二要素認証の導入が遅れたのか 田中副社長「決済事業者と合意に至らず」

ドコモ口座をはじめとする複数の決済サービスを使った不正出金の被害が相次いでいることを受け、ゆうちょ銀行が9月16日に記者会見を開き、被害件数は109件で被害総額は1811万1000円(同日午後時点)と発表した。被害が発生したものを含む10社の決済サービスでは、連携する際の本人確認で二要素認証を導入していなかったため、現在は新規口座の連携と各口座へのチャージを停止している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする