小沢一郎氏、菅新首相をいきなり批判「憲法を知らないからこそ平気で権力を私物化する」

立憲民主党の小沢一郎衆院議員(78)が16日、自身のツイッターを更新。この日の臨時国会で第99代首相に指名されたばかりの菅義偉氏(71)を厳しく批判した。
「『政府として憲法改正に挑戦する』と発言した新総理。公務員の憲法尊重擁護義務を知らない」と書き始めると、「また『自衛隊の立ち位置が憲法の中で否定されている』とも述べ、戦後の政府見解を全否定。憲法の基本を理解していない点では安倍総理と同じ」と続けた。
最後には「憲法を知らないからこそ平気で権力を私物化する。もう十分である」と突き放していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする