食べやすくて子どもにも大人気のツナ こんな食材でのレシピもあるよ

新型コロナウイルス感染症の影響で、「おうちご飯」を続けているご家庭も多いのではないでしょうか。
そんな時、子どもたちにも人気のツナ缶は、便利で強い味方です。しかし、何となく最近は献立がマンネリ…ということはありませんか。
そこで、今回は、あまりコラボをしない食材と組み合わせたレシピを3つご紹介します!
「とにかく早く一品を」という時にオススメです。
材料は、ツナ缶、モロヘイヤ1束、鮮魚店などで売られている切り昆布1パック、めんつゆのみ。
作り方もとても簡単です。
1.切り昆布は1センチ程度の長さに切っておき、モロヘイヤはサッと塩ゆでしたらあら熱を取り、1センチ程度の長さに切る。
2.ツナ缶、切り昆布、モロヘイヤをボールに入れ、めんつゆをお好みの量入れて混ぜて完成。
少しめんつゆを多めに入れて混ぜて、納豆とともにごはんの上に乗せれば『ねばとろ飯』にもなります。
食欲のない時に、ツルンと食べられます。ツナ缶はライトがオススメですよ。
これはソースが残ったらパスタに混ぜても美味しいですよ。
材料は、板こんにゃく1枚、Kiriクリームチーズ3個、ツナ缶(ライト)、ブラックペッパー多めです。
調味料は、顆粒コンソメ(またはブイヨン)小さじ1、ガーリックパウダーまたはチューブガーリック少々、水大さじ1(混ぜておく)。
1.こんにゃくは1.5センチ角程度に切ってキッチンペーパーで水気を取り、耐熱容器に入れ、調味料とともに混ぜる。

2.クリームチーズをちぎりながら容器に入れ、ラップをふわっとかけてレンジで2分加熱する。
3.容器の中身にツナ缶を加え、クリームチーズが液状になるまで混ぜて、ブラックペッパーをたっぷりかけて完成。
子供がいる場合には、パセリをふりかけてもOKです。
ホワイトソースのような濃厚さがたまりませんよ!
材料は、ごぼう中太のもの2本程度、顆粒コンソメ小さじ1、ノンオイルツナ缶、すりごま大1です。
調味料は、酢大さじ1、オイスターソース小さじ2、醤油大さじ1、砂糖大さじ1、ごま油小さじ2(混ぜておく)。
1.ごぼうは皮をむいて3センチの長さに切り、さらに縦に割り、酢でアク抜きする。
2.ごぼうを小さじ1を入れた水で20分程度煮る。
3.ボールに水気を切った熱いままのごぼう、調味料、ツナ缶、すりごまを混ぜれば完成。
ごぼうをたくさん食べられます。
少し濃いめの味なので、お酒やご飯に合いますね。
いかがでしたか。
気になった方は、ぜひお試しください!
[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする