菅義偉第99代首相が16日に誕生 「日本のため、国民のため働く」

安倍晋三首相(65)の辞任表明に伴う自民党総裁選が14日、都内のホテルで行われ、菅義偉内閣官房長官(71)が第26代総裁に選出された。岸田文雄政調会長(63)が2位、石破茂元幹事長(63)は3位だった。菅氏は細田派など主要派閥の支持を受け、地方票でも圧倒した。15日に党役員人事に入り、16日召集の臨時国会で第99代首相に選出され、菅内閣が発足する。
菅新総裁に笑顔はなかった。マスクを外すと、両手で握り拳を作り、壇上で決意を語った。「安倍総理が病気のために道半ばにして退かれることになった。しかし、新型コロナウイルスが拡大するという、まさに国難にあって、政治の空白は許されません。この危機を乗り越えて、一人一人が安心をして安定をした生活が送れるよう、安倍総理が進めてきた取り組みを継承し、進めていかなければなりません。私にはその使命がある」。安倍政権の継承と前進―。淡々とした口調は徐々に熱を帯び始めた。
内政は自身の「得意分野」(陣営)。自身の信条である「自助・共助・公助、絆」に触れ、「国民から信頼される政府を作っていきたい」と誓った。7年8か月の安倍政権を官房長官として支え、災害対応のほか、省庁を横断する取り組みや規制緩和に取り組んだ。この日も役所や自治体のデジタル化を推進する「デジタル庁」の創設に意欲を示し、総裁選期間中に掲げた携帯電話料金の大幅値下げも目指す。幹部人事権を掌握し、「霞が関」から反発を受けても政策を進めた“剛腕”。新型コロナウイルス対策、日米外交や景気回復など課題が山積みの中、手腕が問われる。

安倍首相の電撃辞任から5日後。「誰にも相談せず」(周辺)に総裁選への立候補を決断した。秋田県の農家に生まれ、政治家に必須と言われる「地盤・看板・カバン」はなかったが、2009年以降、無派閥を貫き、総務相、官房長官など着々と実績を積んだ。「悩みに悩んだが、私がやらなきゃならない」。覚悟は党内に広がった。党内主要5派閥、無派閥議員から幅広い支持を受け、菅氏は377票と圧勝。89票の岸田氏、68票の石破氏を大差で退けた。
16日の臨時国会で首相指名を受け、正式に第99代首相となる。実に7年8か月ぶりの首相交代。菅氏は総裁選を争った岸田氏、石破氏をねぎらい、要職での起用も示唆した。政権発足から3か月は支持率は高止まりする傾向にあるが、衆院解散については「(新型コロナの)専門家の先生の考えを参考にする」とし、「下火にならないと難しい」と、慎重な姿勢を示した。「全てを傾注し、この日本のため、国民のために働くことをお誓い申し上げます」。強い口調で覚悟を示した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする