21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超重量列車は何を積んだ?

日本ではほとんどなじみのない「列車砲」なる兵器は、第2次世界大戦期、航空機の発達とともに世界中から姿を消しましたが、その子孫といえるものが21世紀のシベリア鉄道を走っていました。どんな兵器だったのでしょうか。
決まったレールの上しか走れない鉄道車両が強力な兵器となることはイメージしにくいかもしれませんが、鉄道網の発達したヨーロッパや北アメリカなど大陸では、列車砲や装甲列車はよく使われました。自動車や道路が未発達だった時代、鉄道は比較的、重くて大きいものでも迅速な移動が可能で、大砲の運搬手段として、19世紀には攻撃兵器として、着想されていたようです。実用化されたのは1864年のアメリカ南北戦争が最初といわれています。
21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超…の画像はこちら >>ロシアの「列車砲の子孫」、戦闘鉄道ミサイルコンプレクス「BZhRK」を牽引する三重連の大型ディーゼル機関車、DM62型(画像:ロシア国防省)。
第1次世界大戦では、ドイツは射程130kmといわれる口径21cmの「パリ砲」を造ります。発射された砲弾は、人間が作った物体として初めて成層圏に届いたという代物で、現代の近距離弾道弾「スカッド」などに匹敵する兵器です。攻撃を受けたパリ市民はまさか砲撃だとは思わなかったそうです。
ドイツ軍が第2次世界大戦で使用した80cm列車砲(画像:ドイツ連邦公文書館)。
第2次世界大戦に入ると、戦艦「大和」の46cm主砲より大きな列車砲も作られ、実戦で使われています。ドイツ軍の80cm列車砲「グスタフ」と「ドーラ」です。破壊力は絶大で、「グスタフ」は1942(昭和17)年6月6日にソ連のセバストポリ要塞への砲撃で、10mのコンクリートで防護された地下30mの弾薬庫を破壊しています。

しかし80cm列車砲は、運用に旅団規模となる4000名の人員が必要で、展開するにもレール敷設や陣地構築に月単位の時間が掛かるという非効率な兵器でした。航空機が未発達の時代には、天候や昼夜に関係なく大火力が投射できる手段として一定の効果はあったのですが、航空機が発達してくるとその優位性が失われ、必然的に姿を消します。
ところが戦闘鉄道兵器は21世紀にも、80cm列車砲よりもはるかに大きな破壊力を秘めて生き残っていたのです。それがロシアのICBM(大陸間弾道ミサイル)「RT-23(西側呼称:SS-24)」を搭載した戦闘鉄道ミサイルコンプレクス「BZhRK」です。
21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超…の画像はこちら >>発射されるRT-23。車両を損傷しないよう発射筒からガス圧でミサイルを空中に放出してロケットモーターに点火するコールドローンチ方式(画像:ロシア国防省)。
ICBMはロシアから直接アメリカ大陸を狙えるような戦略兵器ですが、地下発射施設(サイロ)に配置すると偵察衛星などで位置は暴露しやすく、先制攻撃を受けて破壊されてしまうリスクが高くなります。ではICBMを破壊されないように隠すにはどうすればよいのでしょうか。
ロシアは広大な国土に総距離世界第3位の鉄道網(12万km)を有しており、その上へ貨物列車に偽装したICBMを走り回らせておけば見つかりにくいのではないか、というアイデアを思いつきます。

21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超…の画像はこちら >>1985年アメリカが公表した「ソ連の脅威」に掲載されたBZhRKの想像図。このころはまだ配備されていなかった(画像:アメリカ国防総省)。
こうしてICBM搭載列車BZhRKは旧ソ連時代の1970年代から開発が始まり、1987(昭和62)年11月から実戦配備が始まりました。冷戦最盛期だった1985(昭和60)年のアメリカ国防総省が発行したレポート「ソ連の脅威」にはカラー想像図が掲載されましたが、実像はよく分かっていませんでした。
BZhRKは三重連のDM62型ディーゼル機関車に牽引された17両編成で、燃料タンク車1両、ミサイル1基を収納したランチャーモジュール車が3両、このランチャー車に付属する支援車と指揮車が3両ずつ、統合指揮車、通信車、ディーゼル発電車、食料倉庫車、食堂車、兵員用客車2両という構成でした。28日間、補給無しで動くことができ、外見は冷凍貨物列車を偽装していました。
BZhRKの編成を捉えたとされる写真で、2編成が写っている。
搭載していた「RT-23」ICBMは最大射程1万kmから1万1000kmで、アメリカ大陸全てを射程内に収め、1基のミサイルには550キロトン核弾頭を10発装備していました。つまりBZhRK1編成に10発×3基=30発の核弾頭をひそませていたのです。広島に投下された原子爆弾は10キロトンでしたので、過去の列車砲とは別次元の火力です。
1編成は動くミサイル基地として1個連隊としてまとめられ、3個連隊を集めて1個師団を編制しました。全部で3個師団が編制されて、ロシア西部地方のコストロマ近郊、中部地方クラスノヤルスク近郊、中西部地方ペルミ近郊に配備されたといわれます。

ICBMを動き回らせて先制攻撃を逃れようというアイデアは、2020年現在、超大型トラックへ移動式発射機(TEL)を載せる方式で行われていますが、その車体は大柄であり、移動できる地域は、実は専用に整備された基地内に限られています。
21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超…の画像はこちら >>ランチャー車にキッチリと収められた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RT-23」(画像:ロシア国防省)。
BZhRKもロシア中の鉄道網12万kmをどこでも走れるわけではありませんでした。ミサイル本体だけで重量が104tあり、ミサイルランチャーモジュール車は200t以上と大変重く、3両連結にして軸荷重を分散させています。荷重に耐えられるようにレールは最も重い重量に耐えられる規格、枕木は鉄筋コンクリート製、バラストも特に厚くする高規格軌道とする必要がありました。そのためBZhRKの運行区間は基地から1500km以内に指定された高規格軌道でしたが、つねに補強と補修が必要で、鉄道保線担当にとっては厄介者だったようです。
立ち上がるミサイル発射筒が無ければ、外観は冷凍貨物列車に偽装してBZhRKとは気が付かない(画像:ロシア国防省)。
BZhRKの任務期間は21日、巡航速度は80km/hから120km/hで移動距離は1200km。運行されていた当時、シベリア鉄道で旅行したら、行き交う列車の中に偽装した戦闘鉄道兵器が混じっていたかもしれません。観察眼に鋭い「レール鉄」の人なら、特定区間に突如出現する高規格軌道に気が付いていたでしょうか。

BZhRKは2002(平成14)年に締結された戦略的攻撃能力の削減に関する条約「モスクワ条約」に基づき、2005(平成17)年に全て廃棄されて、いまは博物館の展示物になっています。
21世紀に生き残った「巨大列車砲」の子孫 シベリア鉄道走る超…の画像はこちら >>2020年現在は博物館でランチャー車の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「RT-23」を発射態勢の姿で展示されている(画像:ロシア国防省)。
2013(平成25)年、小型になった新型ICBM、RS-24「ヤルス」を装備する新BZhRK「バルグジン」が計画されました。貨物列車に偽装し1編成につき6発のRS-24を搭載することになっており、2020年には実戦配備する予定でしたが、財政事情の悪化から2017年12月に計画は凍結されたとロシア国営メディアが報じています。
ドイツの80cm列車砲「グスタフ」「ドーラ」は、見た目にも究極の巨大兵器の迫力を感じますが、冷凍貨物列車に偽装して核ミサイルをしのばせるBZhRKには、列車砲の迫力とは違った感情を覚えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする